歯周病は30代以上の80%が感染している国民病ともいえる病気です。

歯周病ってなに?

歯周病は、口内に存在している細菌によって発症する炎症性の疾患のことを意味します。

歯周病


基本的に、口の中には誰であっても多くの最近が存在していますのでそれ自体に関してはそれほど問題にすることはありません。問題なのは、口の中に存在している細菌が目に見えない場所に入って炎症を引き起こしてしまうことにあるのです。人間は、日常生活を送っていく中で口の中を清潔にするための幾つかの対策を講じています。例えば、日常的な歯磨きはその典型で、歯磨きをすることによって少なくとも目に見えている部分の細菌を撲滅させていくことが出来ます。しかし、歯周病によって症状が出る場合にはこうした清掃によって綺麗にすることが出来なかった細菌が存在していることを意味します。言い換えれば、清掃することが出来ない目に見えない部分で細菌が停滞していることを意味するのです。この眼に見えない部分の細菌が炎症を起こして、口の中を腫れさせたりします。

 

そして、歯周病が進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と肉の隙間がどんどん大きくなってしまい、結果的に歯を支えてくれている土台が無くなっていってしまいますので、歯がグラグラ動き出したり最終的に抜け落ちたりするのです。もちろん、こうした歯と肉の関係は口周りの筋力が衰えてくる年配の人には多いですが、こうした症状になった場合には老化によってそうした症状が起こったのか、それとも細菌によってそうした症状が引き起こされたのかをしっかりと見極めなくてはいけません。

 

ただ、上記でも述べたとおり口の中の細菌を全て無くす必要はありません。

歯周病

口の中には常時300種類から500種類程度の細菌が存在していると考えられていますので、口の中に何らかの細菌が存在していることは珍しいことではありません。細菌の中でも口の中で炎症を引き起こす細菌はごく僅かです。こうした細菌の特徴としては、特定の栄養分を摂取することによって口の中に粘性の物質を作り出すという傾向があります。例えば、砂糖を摂取すると口の中で粘着く感覚になる人がいれば、それは炎症を引き起こす細菌が活発に動いている証拠になりますので注意をしなくてはいけません。そして、こうした粘性の強い物質が歯の表面に付着してそれがそのまま定着して出来たもののことを歯垢といいます。歯垢が付着して固定化された場合には、普通のうがいや歯磨きをしたとしてもなかなか取れることがありませんので専門の治療を進めていく必要性が出てきます。

 

歯周病というのは、実はこの歯垢の中に存在している細菌が炎症を発症させることによって生じている症状なのです。この症状の怖いところは、放置しているとどこまでも症状が進行してしまって、最終的には骨まで溶かすほどにもなることです。歯がなくなってしまう原因の殆どはこれであるため、気づいた段階で早急に対策を進めていかなくてはいけません。歯垢は、きちんと取り除かないと徐々に固くなってしまって歯石と呼ばれるものに変形し、これが歯に付着することによって毒素を出し続けます。ですから、付着した段階で取り除くことを考えないと歯周病がどんどん進行していくことになるのです。

 

早い段階で歯周病がわかった時には比較的簡単に対処をすることが可能ですが、症状がある程度進行すると歯に付着した歯石ごと一緒に取り除かなくてはいけなくなりますので、対応が難しくなります。特に、年齢を重ねることによって歯が弱くなっていると歯石を取り除くときにより慎重に対応をしなくてはいけなくなります。
症状が進行し始めた時には口臭がきつくなるなどのわかりやすい症状が出ますので、判断がしやすいときにすぐに治療を進めていくことが賢明です。

 

歯周病を放っておくと・・・

歯周病は、30代以上の人がかかりやすい病気のひとつとしてあげられるのが歯の病気です。
細菌感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯と歯肉の境目を綺麗にしていないとそこに多くの細菌が停滞して歯垢が蓄積した状態になり、歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりしてしまいます。進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台である歯槽骨が溶けて歯が動くようになってしまい、最終的には抜糸しなくてはならなくなるという病気になります。

 

歯周病

このような状態になる原因は口の中にいる細菌が増えることです。普段はあまり悪いことはしませんが、ブラッシングが十分でなかったり、砂糖の過剰摂取をしてしまうと細菌がネバネバした物質を作り出して歯の表面に付着します。これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強いためうがいをしたていどでは落ちず、放置してしまうと虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。
この歯垢を取り除かなければ、歯石と呼ばれる硬い物質に変化して歯の表面に強固に付着します。これはブラッシング程度では取り除くことができず、この歯石の中や周りに皿に細菌が入り込んで、病気を進行させる毒素を出し続けます。
また、口の中の問題だけではなく全身にも影響してきます。病原菌などの刺激によって動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラークができてしまい血液の通り道が狭くなり狭心症や心筋梗塞のリスクになったり、脳の血管にプラークが詰まって脳梗塞を引き起こす、妊娠中で歯周病の女性は健康な女性に比べて低体重児の出産や早産のリスクが高くなってしまう、誤嚥性肺炎になりやすくなるなど全身の病気に関わっていることが分かってきています。
それだけではなく歯周病の怖いところは、炎症して赤くなったり腫れたりしたとしても痛みは殆どなく自覚しにくいところです。

 

きちんと治療しなければ全身疾患に繋がってしまいますが、治療や予防などは行なうことができます。
進行の程度に関わらず、まず行なうのは基本治療です。原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯根の面の滑択化とぐらぐら動いてしまう歯の噛み合わせ調整などが行なわれます。
歯垢の除去のことをプラークコントロールといい、毎日丁寧にブラッシングすることや場合によって歯科医院で行なうことがあります。
毎日のプラークコントロールに合わせて、スケーリングを行なっています。スケーリングとは歯垢や歯石を機械で綺麗にしていくことです。それに加えて歯の表面がざらざらしてる、歯石が多い、毒素や細菌で汚染された表層を除去するルートプレーニングを行なったりします。
進行によっては歯が動くようになってしまいます。動いている歯で物を食べると負担になってしまうため、その負担を軽くするためにも歯を削るなどの噛み合わせを調整していきます。それでも動く場合は、接着剤などを利用して歯を動かないように処置が行なわれます。
基本治療だけでは改善できないという場合には歯周ポケットを改善するための外科治療が行なわれる場合もあり、また特殊な材料を使って部分的に失われた骨を再生する手術を行う場合もあります。

 

歯周病

さまざまな治療方法がありますが、基本となるのは毎日のブラッシングです。磨き方のポイントとしては、毛先を磨くポイントに確実に当てながら、小さく汚れをかき出すように動かします。力を入れても歯垢は落とせず、歯や歯肉を傷めてしまうため軽く磨きます。細かく動かしながら、歯と歯肉の境目や歯と歯の間、歯ブラシの届きにくい奥歯に気をつけながら1ヶ所につき10〜20回ほど磨いていきます。
このようなブラッシングと定期的に検診をすることで、歯周病の予防や改善に繋がります。

更新履歴