歯周病は歯周病以外も併発するコワイ病気

歯周病以外の病気の併発

歯周病とは、歯を支える歯ぐきや骨が最近に侵されてしまう病気です。

 

 

日本人の8割以上がかかっているとも言われている現代病です。初期には自覚症状が出ないためなかなか気づきませんが、ほおっておくと歯ぐきのはれや炎症を起こし、最終的には歯を失ってしまうこともあり得ますので、早めに予防や治療を行うことが大切です。

 

 

歯周病の原因は口内の細菌によるものです。日頃から丁寧なブラッシングを心がけ、歯だけではなく歯ぐきにも歯ブラシが当たるようにしながら磨くのがよいです。きちんと歯磨きをしているつもりでも、取り切れなかった歯垢があると時間の経過とともに固い歯石へと変化してしまいます。

 

 

歯石の中には細菌がたくさんいる状態ですので、ほおっておくと歯周病の原因になってしまいます。歯石は自分で取ることができませんので、歯科医院で専用の器具を使って取ってもらいましょう。定期的に検診やクリーニングを受けて、いつも口内環境を清潔な状態に保つことが歯周病の一番の予防になります。

 

 

歯周病の恐ろしいところは、歯周病以外の様々な疾患を併発させてしまう恐れがあることです。特に糖尿病との関連が深く、歯周病がある人は糖尿病が悪化しやすいといった報告があります。また心筋梗塞や肺炎などの心疾患・肺疾患にかかるリスクも高くなると言われています。そして女性が注意しなければならないのは、妊娠中に歯周病があると、赤ちゃんが早産・低体重で生まれるリスクが高くなるということです。炎症性物質がへその緒を通じて胎児に影響するためだと考えられています。

 

歯周病とは何かを簡単にまとめてみたへ戻る