歯周病の初期症状に気が付いたら・・・。まずは検診を。

歯周病初期症状に気づいたら

歯周病とは、歯周病の原因菌が口内に感染すると歯と歯の間もしくは歯と歯茎の間に唾液の酸を受け付けない特殊な膜を作り内部で繁殖することで様々な害を及ぼす症状のことです。

 

 

歯周病に感染しその状態を何もせずに放置すると唾液の酸をつけつけない特殊な膜の中で繁殖した原因菌が歯肉を自身の出す酵素で溶かし最終的には歯を支えられなくなり抜けます。抜け落ちてしまう事態も日常生活に支障をきたすため問題なのですが、本当の問題はその後であり抜けた歯から血管内部に侵入して全身に回り脳梗塞や心筋梗塞などの重大な疾患の原因にもなると認識され近年注意すべき症状となっています。

 

 

そのため歯周病を歯が抜け落ちる前に対処することが大事であり、そのためにはしっかりと初期症状を知っておくことが大事です。その初期症状というのは本来歯肉というのはピンク色をしているのが正常なのですが、感染してある程度進行するとその歯肉が赤色を帯びてきます。

 

 

そして赤色を帯びた状態で、歯磨きをすると簡単に出血したり熱い食べ物や冷たい食べ物を口に入れると知覚過敏のようにしみるようになります。この初期症状を見た目で鏡で判断しそして出血やしみるようなことがあったら必ず歯医者で検診を受けることが良いです。

 

 

歯医者の検診ではどれほど存在しているのかを調べるために、その部分をマイクロスコープで見ながら針のような器具で歯垢をかすめ取ります。かすめ取った量と顕微鏡で内部にいる細菌を見て感染しているかどうかを判断します。そのうえで消毒をして適切な歯磨きと進行しないようにする生活をレクチャーし、実践すれば初期症状で食い止めることができます。

 

歯周病とは何かを簡単にまとめてみたへ戻る